サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ
ホーム 会社案内 業務内容 採用情報 リンク 編集雑記

編集雑記

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2010〜2011年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
ホーム > 編集雑記
2018年10月5日

台湾からの来訪者を迎えました。

10月5日(金),東京書籍株式会社さまのご紹介で,台湾の教科書会社である康軒文教事業集団の皆さまが当社に視察に来られました。
一行は呉副社長はじめ同社の10名の編集者の皆さんで,通訳の方を除いてすべて女性。しかも皆さん管理職とのこと。日本の教材のデザイン,編集制作のスキームなどについての関心が特に高い様子でした。予定の時間が過ぎても質問が途切れず,皆さんの熱意が伝わってきました。言葉は異なれど,同じ編集者どうし。通じ合うものもあり,終始和やかな雰囲気のもと,質疑応答が続きました。


このページの先頭
2018年8月27日

8月も残りわずかとなりましたが,今年の暑さはひときわ厳しいようです。
今年は夏の甲子園が第100回記念大会でしたが,金足農業高校が秋田県勢103年ぶりの決勝に進み,甲子園を沸かせましたね。

8月22日,一般社団法人日本編集制作協会(AJEC)が主催する社員交流会に参加してきました。加入社の方々が70名ほど集まり,にぎやかな雰囲気の中,会が始まりました。

▲社員交流会が開催された,お茶の水ホテルジュラク

社員交流会は,AJEC理事長の小林哲夫様のご挨拶,乾杯から始まりました。
立食形式の会場には,とても豪華な料理が並びます。


おいしい料理を食べながら,他の編集プロダクションの方々と交流を深め合いました。
印象的だったのは,デジタル教材,プログラミング教育の話が多く出たこと。
弊社でも,勉強会を開くなどデジタル教材への関心が高まってきているので,大変勉強になりました。

最後は一本締めでお開き。
他の編プロの方々といろいろなお話ができ,とても刺激をもらいました。

このページの先頭
2018年8月5日

汗をダラダラ流しながらの毎日。秋が待ち遠しいです。

8月5日(日),味の素スタジアム(東京都調布市)で,Jリーグ第20節FC東京対ヴィッセル神戸の試合を社員4名で観戦してきました。

調布市に本社を置く弊社は,FC東京とシーズンチケットの法人契約を結んでいるので,FC東京のホーム戦はいつでも観戦することができます。


ヴィッセル神戸にはこの夏,元スペイン代表アンドレス・イニエスタが加入したことで,当日のチケットは完売。スペインの名門FCバルセロナの核として,メッシとともに何度も欧州を制覇した選手がJリーグでプレーするということで,私も試合を楽しみにしていました。

しかし,数日前に「イニエスタ,帰国」との報道。残念ながら,当日の試合には間に合わず,イニエスタをこの目で見ることはかないませんでした……。

***

試合は19時キックオフ。日中の暑さは試合中も続き,サポーターの熱気で体感温度はさらに上昇。タオルで汗をぬぐいながらFC東京を応援しました。弊社には,サッカー好きの社員も多いので,サッカーの知識がない人でも,一緒に試合を楽しむことができます。もちろん,試合の雰囲気を味わうだけでもOK。

しかし,この日の試合はなかなか動かず,両チームともゴールまであと一歩のところを決めきれずにいました。このままスコアレスドローか……,そう思っていた後半45分,FC東京のFWディエゴ・オリヴェイラが中央をドリブルでゴール前に持ち上がり,相手ディフェンスを引き付けたところで右サイドへパス。そこに走りこんできたFWリンスがパスを受け,ゴール右上へ弾丸シュート!

「はいったー!!!!」

思わず声が出てしまいました。その声はFC東京のすべてのサポーターの歓声と交わり,スタジアムを包み込む一つの大きな歓声に! ほとんど地響きです!

FC東京サポーターは大興奮。私たちも大興奮。やっぱり,サッカーはゴールをみてなんぼのもん。この瞬間のために足を運んでいるようなものですからね。リンスに感謝です。

そのまま試合は後半ロスタイムを終え,1対0でFC東京の勝利。FC東京の選手たちは,サポーターのもとへ歩み寄り,ともに勝利を分かち合っていました。ほんの数分前までは,引き分けだと思っていた試合でしたから,サッカーはギリギリまで勝敗がわからないです。

得点が入る前は,帰りの混雑の心配ばかり考えていたのはここだけの話……。
たまには,スポーツ観戦もいいですね。いい気分転換です。

次回は9月2日に行われるサガン鳥栖戦を観戦する予定です。鳥栖もこの夏に,元スペイン代表フェルナンド・トーレスを獲得していましたね。イニエスタとともにスペイン代表をW杯優勝に導いた超大物は,どんなプレーを見せてくれるのでしょうか。これまた楽しみです。
そのころには秋が感じられるといいな。

このページの先頭
このページの先頭
株式会社カルチャー・プロ