ちはやぶる日本史



 江戸と江戸っ子編@


行列をつくって富士登山

 今年、7月〜8月の山開きの期間中、30万人を超える人たちが富士山に登ったといいます。毎日平均5千人もの人が山頂に立ったわけで驚きです。登山道はどれも連日長蛇の列。
 この富士登山ブームは、富士山が世界遺産となったからというわけではありません。確かに例年より5割ほど登山者が増えましたが、長蛇の列は、何と江戸時代からです。江戸っ子たちが、我も我もと富士山に登っていたのです。
 日本人は山登りが大好きで、昔から多くの人が各地の山に登っていました。ことに江戸時代は空前の登山ブームで、富士山をはじめ立山や白山、木曽の御嶽山などの高山から各地の低山まで、名山といわれる山には、シーズン(夏山)になると登山者の列ができました。
 江戸時代中期の宝永4年(1707)11月23日、富士山が大爆発しました。宝永山ができたほどの大噴火でしたが、何と約半年後の宝永5年6月1日(旧暦)の山開きには、多くの人たちが富士山に登ります。突貫工事で登山道を復活させ、山開きに間に合わせたからです。江戸っ子たちは、噴火が鎮まって静寂を取り戻した富士山が、少なくとも何十年かは安全であることを知っていました。噴火が収まったとなれば、登ってみたいと思うのは人情です。
 登山者の多くは講に属し、先達に率いられて登りました。神社仏閣に詣でるため、また各地の名山に登るための講社は数多く、社寺参詣で最も多かったのが伊勢講、山では富士講です。富士講は江戸市中だけで、俗に八百八講といわれたほどです。
 ところで、富士山の頂上には浅間神社の奥宮が鎮座しています。皆さん、富士山は大昔から「神の山」だったと思っていませんか。じつは、江戸時代まで、日本の名山はほとんど例外なく、神仏習合による山岳宗教の場でした。富士山も例外ではなく、大日寺(大日堂)と浅間宮が一体となった一大山岳宗教の山で、山頂にあったのは大日寺の奥の院です。
 大日寺が廃されて、山頂の仏像も取り払われ、山麓の各登山口にあった大日堂や諸坊も壊され、仁王門や護摩堂や鐘楼などが取り除かれて浅間神社となったのは、明治になってから、明治新政府による神仏判然令(神仏分離)によるものです。明治7年には、富士山中の仏教的な地名もすべて改称されてしまい(たとえば山頂の文殊ヶ岳が三島ヶ岳というように)、現在に至っています。
 世界文化遺産となったのに、こうした重要な歴史の記憶が語られないのは、おかしいと思いませんか・・・。

Copyright (c) Culture Pro.


 江戸と江戸っ子編A


江戸の総人口と八百八町

 江戸は、18世紀以降、人口100万人を超える世界最大の都市であったといわれます。たしかに、1801年(享和元年)のロンドンの人口が約86万人、翌年のパリの人口が約67万人ですので、江戸の方がずっと大都市だったということになります。しかし、江戸の総人口は、正確には判っていません。
 享保6年(1721)に江戸の人口調査が行われ、町人の人口は約50万人、嘉永6年(1853)の調査では約58万人でした。町人の人口は町奉行所による人別帳でほぼ正確に把握されていましたが、武家人口は記録がなく明確ではないのです。しかし、武士と寺社関係者その他の人口は、町人数より常にやや多かったと考えられています。ということは、享保6年の18世紀前半で、江戸の総人口が100万人を超えていたことは確実で、世界第一はまちがいありません。ちなみに嘉永6年の19世紀半ばでは、120〜130万人と推定されています。
 さて、大都市は膨張し続けるのがふつうです。ところが江戸の場合、享保6年から嘉永6年までの約130年間で、市民(町人)の数は8万人しか増えていません。なぜでしょうか。
 実は、もはや江戸には住む土地がなかったからです。町人地は江戸の総面積(約2千万坪=約60平方キロ)のうち、13.65パーセント(約8.2平方キロ)しかなかったからです。千代田区の半分もない土地に約50万人が住んでいたわけで、過密状態もいいところです。
 さて、その町人地は俗に「大江戸八百八町」といわれますが、実際はどうなのでしょうか。
 慶長8年(1603)、徳川幕府が開かれた時点ですでに、日本橋など埋立等によって拓かれた市街地は300町がありました。その後の新開地に対して古町と呼ばれた町々です。新しい町が急激に増えるのは、明暦の大火(1657)後のことです。墨東の開発が進み、本所・深川などが市街地化されていき、約50年後の正徳3年(1713)には倍増で674町となりました。さらにこの年、代官地などの259町が江戸町奉行所配下に組み入れられ、933町になりました。すでに「八百八町」をオーバーです。
 そして、はじめて幕府が町人の人口調査をした翌々年の享保8年(1723)、町数は1672町となりました。その後、寛政3年(1791)の1678町をピークに、合併などで町数は減っていきます。ともあれ、「大江戸八百八町」は、江戸が大都市であることを誇っていったのだと思われますが、まさかその後に千町も増えるとは、当時の江戸っ子は考えもしなかったでしょう。
 なお江戸の町人地は、町ごとに木戸が設けられ、各町は町名主によって管理されていました。しかし、江戸っ子たちは、思いのほかしぶとく、たくましい。そのあたりは次回で・・・。

Copyright (c) Culture Pro.

このページの先頭へ


 江戸と江戸っ子編B


江戸っ子の呼称と気質

 「江戸っ子」という呼称がいつできたのかは、はっきりしません。大久保彦左衛門が名づけ親などともいわれますが、これはあやしい。江戸の下町に住んだ町人たちを江戸っ子というようになったのは、江戸の中期ごろからです。江戸はもともと地方出身者たちによってつくられた町ですが、代を重ねれば、江戸生まれの江戸育ちということになります。とはいえ、彼らのすべてが江戸っ子というわけではありません。
 江戸っ子とは、町人階級の中でも地位の低かった職人や棒手振(ぼてふり)らで、神田明神と山王権現の氏子の土地に生まれ、三代以上住んでいる者たち。地域でいうと、お茶水(おちゃのみず)から万世橋、柳橋をくぐって隅田川に入る神田川と、麻布を流れて芝公園、金杉橋をくぐって江戸湾に入る渋谷川、この二つの川に挟まれた土地に生まれ育った者たちをいいます。とはいえ、どこに生まれ育った者を江戸っ子というかについては、他にもいくつかの説があります。
 芝で生まれて神田で育っても、お金持ちを江戸っ子とはいいません。「宵越しの銭は持たない」のが江戸っ子の信条です。たとえば、天秤棒を担いで野菜や魚などを売り歩く棒手振は、朝早く金貸しから烏金(からすがね)を借りて品物を仕入れ、夕方には借りた金を返すという、その日暮らしです。カラスが朝に飛び立ち夕方に寝ぐらに帰るまでの間に借りる金なので烏金というわけです。「江戸っ子の生まれそこない銭をため」という川柳がありますが、金儲けをするような奴は江戸っ子にあらず、というわけです。
 江戸っ子気質といったものがあります。列記すると、金もないのに向こう気だけは強く喧嘩早い。物に対する執着心が薄い。見栄っ張りで気前がいいが、生き方は浅薄で軽々しい。人情にもろい。とまあ、そんなところでしょうか。
 「江戸っ子は五月(さつき)の鯉の吹き流し」という川柳もあります。喧嘩も早いが仲直りも早い江戸っ子は、口では罵っても腹に一物などない、というのです。ところがのちにこの句に、「口先きばかりはらわたはなし」という下の句がついた。口は達者でも内容がなく空っぽだというのです。まあ、どちらにせよ、江戸っ子気質をいい当てています。
 両国の江戸東京博物館や深川の江戸資料館で、江戸っ子の暮らしを見ることができます。長屋などに住んでいた彼らは、所帯道具といったものを、ほとんど持っていませんでした。江戸は火事が多く焼け出されることもしばしばでしたが、物を持たない彼らは平気です。
 さて次回は、そんな江戸っ子たちの長屋の生活を見ていきます。

Copyright (c) Culture Pro.


 江戸と江戸っ子編C


江戸っ子の呼称と気質

 長屋には、武家長屋などもありますが、落語に出てくる熊さんや八つぁんが住んでいるのは裏長屋。今でいうなら裏街の安い賃貸アパートです。メインの通りに面した表店(おもてだな)の裏などや横丁にあったので、裏店(うらだな)ともいいます。  裏長屋の住人は、大工や左官などの職人、棒天振(ぼてふり。魚や野菜の行商人)、表店の下っ端の使用人、日雇いの労働者など、当時の下層階級の人たちです。なかには、占い師や手習いの師匠、長唄や俳諧の宗匠などもいました。いずれにせよ、日銭(ひぜに)で生活している人たちです。
 裏長屋は、向かい合わせに2棟あって、中央の通路の両端に表木戸と裏木戸があります。通路のまん中にはドブがあって、板でふさいでいます。木戸は明け六ツ(午前6時前後)ごろに開けて、暮れ六ツ(午後6時前後)ごろに閉めるのが習わしですが、五ツ刻(午後8時ごろ)から場合によって四ツ刻(午後10時ごろ)まで開いていたといいます。
 井戸は多くの場合、どちらかの棟の中央に2軒分ぐらいスペースをとって、掘られていました。井戸の囲りは洗い場で、長屋の女性たちの井戸端会議の場というわけです。トイレは、裏木戸の近くなどにありました。二連か三連の共同便所ですが、朝など順番待ちで大変だったと思われます。
 裏長屋の一軒の面積は、俗に9尺2間といわれました。間口が9尺(約2.7m)、奥行が2間(約3.6m)というわけです。実際の奥行は2間半(約4.5m)でしたが、坪数にして3.75坪(約12.4u)です。間口9尺のうち6尺が玄関、残りの3尺が台所です。実際の住居スペースは6畳ぐらいということになります。台所にあるのは水がめとかまどだけ、家具はほとんどなく、わずかな食器とせんべいぶとんぐらい。火事のときは身一つで逃げればいいわけです。とはいえ、6畳ひと間に一家族が住んでいたのですから、かなり窮屈だったろうと思われます。もっとも、それが当たり前であれば、さほど苦にならなかったかもしれません。
 裏長屋を取り仕切っていたのは大家(おおや)で、住民は店子(たなこ)と呼ばれていました。「大家といえば親も同然、店子といえば子も同然」といわれ、店子は旅行へ行くのも嫁をもらうのも、何かにつけて大家の許可が必要でした。いっぽう大家は、店子について一切の責任を負っていました。店子に不都合があれば大家も取り調べを受けました。
 ところで大家には、家賃のほかに結構な収入源がありました。何だと思いますか?
 じつは、共同便所の糞尿です。なぜそんなものが利益になるのかは、次回で……。

Copyright (c) Culture Pro.

このページの先頭へ


 江戸と江戸っ子編D


長屋の便所とごみ溜

 パリの下水道が普及したのは19世紀の末になってからのこと。それまでのパリの街は、糞尿の臭気に悩まされ続けていたという。というのは、パリのアパートには共同トイレが少なく、もっぱら便器を使用していたからだ。便器の中味は決められた場所に捨てなければならないのだが、市民はそれを面倒くさがり、夕暮になると窓から街路に、「ギャルデ・ロー!」(水に注意!)と怒鳴って投げ捨てる習慣が一般化していた。糞尿やごみ処理の問題は、大都市には必ずついてまわる。見かけは美しいパリの街も、一歩裏へ回われば、糞尿の臭いがただよい、ゴミだらけの街であったのだ。
 では、常にパリより人口の多かった江戸はどうであったか。臭気もただよわず、ゴミもない清潔で美しい町であった。江戸の糞尿は、周辺農村にとって貴重な肥料・下肥(しもごえ)として、売られていた。処分に困まって捨てるなどということはなかった。ごみも、各地の芥溜(あくただめ)から水路沿いの大芥溜に集積され、芥船によって運ばれて永代島の埋立てに用いられていた。
 さて、便所の糞尿であるが、裏長屋の場合、権利は大家が持っていた。共同便所は、惣後架(そうごうか)また惣雪隠(そうせつちん)といわれたが、その糞尿を売った収入がばかにならなかった。
「店中(たなじゅう)の尻で大家は餅をつき」
「こえとりへ尻が増えたと大家いい」
などという川柳がのこされている。家賃を滞納する住人も、便所は使用する。下肥代は大家にとって、大事な収入源だったのである。
 なお、江戸の下肥は「江戸肥」と呼ばれたが、その江戸肥にも等級があった。もっとも上等とされたのは、大名屋敷の男子の排泄物で、「きんばん」と呼ばれた。つぎが町中(まちなか)の共同便所の「辻肥」、長屋などの「町肥」、尿の多い「たれこみ」と続いた。汲取り人は「下掃除人」と呼ばれ、当初は農家が、武家屋敷や町屋と直接交渉して汲取りに来ていたが、やがて専門の業者ができた。そうなると、多くの下掃除の権利を手に入れて大儲けする業者も出てきて、下肥の価格の高騰を招いた。
 最初に下肥値下げ運動が起こったのは、寛政元年(1789)のこと。武州・下総三十七ヶ領1016ヶ村が、値下げを幕府に訴えている。その後、何度も値下げ運動が起こるが、値が下がると下肥の質の低下を招いた。安くした分、業者が利益を維持するために、水でうすめたりしたからである。ちなみに、天保期(1830〜1844)には、江戸における下肥の年間取引額が3万5千490両あまりにのぼっている。1両を10万円とすれば35億円である。
 しかし、人が排泄したものを肥料にして野菜を作り、その野菜を人がまた食べるというのは、究極のリサイクルではないか。いま、水洗で流してしまうのは、もったいない?

Copyright (c) Culture Pro.


 江戸と江戸っ子編E


お伊勢・稲荷に犬の糞

 「お伊勢・稲荷(いなり)に犬の糞」は、江戸の市中に多かったものの代表である。
 江戸時代も中期になると、生活文化の向上に伴い、旅行がはやった。その多くは寺社参詣の旅であった。というのは、旅行するにはパスポート(旅行手形)が必要であり、寺社参詣を名目にすると得やすかったからである。江戸市中には、各寺社へ参詣客を誘うための講社が数多くあった。いちばん多かったのが伊勢講で、次いで富士講や大山講など。札所巡りも盛んであった。信仰は二の次の物見遊山の旅ではあるが、寺社に参詣すればお札を貰ってきた。物見遊山のついでに家内安全や商売繁昌を祈願できればいうことはない。お札を神棚に飾ったり玄関に貼ったりした。そうしたお札のうち、どこの家にもあったのが「お伊勢さん」のお札であった。これには、わけがある。
 一生に一度は伊勢神宮に詣でる、という民間信仰が定着したのに加えて、抜け参りやお蔭参りもはやったからだ。抜け参りは、親や主人の許可を得ず、また通行手形もなしに伊勢参りをすることで、お蔭参りは、60年に一度行なわれた大集団による抜け参りである。着の身着のまま、なぜか柄杓(ひしゃく)1本を腰に差して、「ええじゃないか、ええじゃないか」と歌い踊って伊勢神宮を目指した。「お伊勢さん」のお札が、江戸のいたるところにあった理由である。
 江戸市中で最も多かった神祠は、お稲荷さんすなわち稲荷神社であった。江戸にかぎらず、稲荷神社は諸国にも多かった。現在でも、全国で3万社を超え、個人の屋敷地内の稲荷社も加えると、5、6万社はあるという。諸神社のうちで圧倒的な一位である。
 稲荷信仰の原点は京都の伏見稲荷だが、江戸ではやったのは、江戸中期に江戸町奉行の大岡越前守が、赤坂に豊川稲荷を勧請して以来のことである。お狐さんを祠るお稲荷さんは、またたく間に武家にも町人にも信仰を広げ、数多くの神社ができた。ちなみに稲荷神は御饌津神(みけつかみ)とも呼ばれる。農耕神であり食物の神様だ。それが、「みけつ」の者から三狐神と書かれるようになり、いつしか狐が神様になってしまった。狐の大好物として油揚げを供える風習は、おそらく江戸の豆腐屋が考え出して宣伝したことによると思われるが、なぜ「正一位大明神」なのかは不明である。
 最後は犬の糞。これはいうまでもなく、江戸に野良犬が多かったことによる。将軍綱吉による「生類憐みの令」のとき、幕府がつくった犬の収容施設に入れられた野犬の数は10万頭という。犬小屋の建築費だけではなく、餌代など莫大な費用がかかったが、幕府はそれを江戸の町民に犬扶持(いぬぶち)として負担させた。余計な施設をつくって増税するやり方は、今も昔も変わりない。

Copyright (c) Culture Pro.

このページの先頭へ


 江戸と江戸っ子編F


江戸の四大祭り

 日本には無数といっていいほどに神社があり、祭神もまちまちです。神話伝説上の神々から実在した人物、さらに山川草木から岩や石まで、ご神体は何でもありです。そうした神社が栄えてきた理由の一つに、祭りがあります。有名神社の大祭から、鎮守さまの村祭りまで、また境内で催される縁日など、祭りには日常から解放される庶民の楽しみがあります。
 江戸っ子の祭り好きは相当なもので、天下祭りの際などは、女房を質に入れてまで、というほどの入れ込みようでした。もちろん、八つぁんや熊さんの女房が質草になるはずはありませんが、借金をしてまで祭りに入れあげたのは事実です。
 天下祭りというのは、6月15日の山王祭と、9月15日の神田祭りのこと。いずれも、多くの山車(だし)や屋台などに守られた神輿(みこし)が江戸城内に入って、将軍がこれを上覧しました。そのために天下祭りまた御用祭りと呼ばれたのです。夏祭りと秋祭りですが(今の暦では7月と10月)、氏子たちは夜を徹して山車や屋台を派手に飾りつけ、15日の夜が明けると一番山車から順に行列を整えて江戸の町を練り歩き、途中で神輿を迎えて江戸城中に入りました。その間、屋台の上では歌や踊りが演じられ、通りの家々は金屏風を立てたり、衣装を飾るなどして贅をこらしました。山車や屋台は各町ごとがそれぞれに工夫をこらしてしつらえるのですが、華美を競ってお金がかかり過ぎ、借金をしてまでという有様になります。このため、天和元年(1681)から両祭は、年ごとに交互に行なわれることになりました。
 江戸っ子が熱狂する天下祭りは、年に一度となったわけですが、江戸にはまだまだ祭りがありました。ふつう三大祭りというのは、二つの天下祭りに、浅草の三社祭りを加えたものです。5月18日に催された三社様の祭りも大いに賑わいました。また三社祭りにかえて深川八幡(富岡八幡宮)の祭りと天下祭りを併わせて三大祭りとする説もあります。浅草っ子と深川っ子でそれぞれに三大祭りの一つが違うわけですが、ひっくるめて江戸の四大祭りということで文句はないでしょう。
 なお深川八幡と神田明神の氏子も仲がよくありません。これは、元禄時代以降、深川八幡の境内で、たびたび成田山新勝寺の本尊の不動明王の出開帳(でかいちょう)が行なわれたから。このお不動様は平将門討伐に霊験があったという像で、神田明神は平将門を祀る神社だからです。
 四大祭りは今も続いています。ただし日時は昔と少し異なります。山王祭は6月15日を中心に一週間、神田祭りは5月15日前後の土日、三社祭りは5月17、8日前後の土日、深川八幡祭りは8月中旬の土日で、3年に一度が大祭となります。

Copyright (c) Culture Pro.


 江戸と江戸っ子編G


火事と喧嘩は江戸の華

 古代から、日本は火事の多い国です。日本の家屋は、石造や土造ではなく木造ですので、やむをえません。江戸時代も各地で火災は起きましたが、中でも江戸は「火事と喧嘩は江戸の華」といわれたように、江戸名物に数えられたほどです。これは、江戸の下町に燃えやすい民家が密集していたことと、冬期に強い北西の空っ風が吹いたからです。
 江戸っ子は気が短かく、何かというと「てやんでぇ」「べらぼうめ」と喧嘩になります。もっとも、その場かぎりで翌日には、けろっとしているのが江戸っ子です。日常ひんぱんにあった喧嘩と同じぐらい、火事も多く、何百軒あるいは何千軒もが焼けるという大火も八十数回に及んでいます。
 江戸の町の大半が焼け、何千人あるいは何万人もの死者が出るという大火災も少なからずありました。「振袖火事」の名で知られる明暦の大火(1657年)では、何と十万二千人もの死者が出ました。「八百屋お七の火事」として知られる天和の火事(1682年)では、三千五百余人が焼死しています。また、元禄十六年の「水戸様火事」(1703年)、享保六年の大火(1721年)、明和九年の「行人坂火事」(1772年)、文化三年の「丙寅(ひのえとら)の大火」(1806年)、天保五年の「甲午の大火」(1834年)、安政の大地震による大火(1855年)などで、いずれも数千人に及ぶ焼死者を出しています。
 火事の原因の多くは火の不始末ですが、放火も少なからずありました。放火の罪は重く、死罪のうちで最も残酷な火刑です。生きたまま火で焼き殺すという刑罰で、八百屋お七が火刑に処せられたことは有名です。
 火事を消すのは火消しの役割りです。しかし、江戸時代に強力な放水車などありません。火消しの役割りは、もっぱら、周囲の風下の家を壊して延焼を防ぐことでした。町火消しは、鳶口(とびくち)を持って家を壊すので鳶の者といわれましたが、彼らは容赦なく多くの家を次々に壊しました。
 町火消しの制度を定めたのは、江戸町奉行の大岡越前守忠相(ただすけ)で、享保年間(1716〜36年)のことです。二十町ごとに四十七の小組に分け、いろは四十七文字を組の名としました。ですが、「へ」「ら」「ひ」の三字は、語感がよくないというので省かれ、代わりに「百」「千」「万」を使用しました。その後本組が設けられて、町火消しは四十八組になります。
 なお火消しには他に、大名火消しと定火消しがありました。大名火消しは、幕府の命で各大名が一万石につき三十人の人足を雇ってつくられ、主に武家屋敷の消火、ことに江戸域に火が移らないよう、破壊消火活動をしました。定火消しは、明暦の大火後につくられ、旗本がこの任に当たり、人足たちは臥烟(がえん)と呼ばれました。

Copyright (c) Culture Pro.

このページの先頭へ