ちはやぶる日本史



プロローグ

 私たちは過去から未来に向かって、今という時を生きています。ただ漠然と生きているわけではなく、よりよき未来を求めて考えながら歩いています。ですけれど、未来を考えるためには、今を知ることが必要です。そして、今を知るためには過去すなわち歴史を知らなければなりません。今という時は、先人たちが営々と築いてきた、そして今も築き続けている歴史の上に成り立っているからです。
 「歴史を知らずして今を語ることなかれ。今を判らずして未来を語ることなかれ」
 です。
 それでは、今を知るために、そして未来を語るために歴史の森へ分け入ってみることにしましょう。とはいえ、これから語ろうとするのは、小むずかしい学術的な歴史ではありません。教科書などで語られる歴史とは一味ちがった「へえー。そうなの」という、おもしろく興味深い話です。どうぞ気軽におつき合いください。
高橋ちはや

Copyright (c) Culture Pro.

高橋千劔破
(たかはし・ちはや)

 1943年東京生まれ。立教大学日本文学科卒業後、人物往来社入社。 月刊『歴史読本』編集長、同社取締役編集局長を経て、執筆活動に入る。 2001年、『花鳥風月の日本史』(河出文庫)で尾崎秀樹記念「大衆文学研究賞」受賞。 著書に『歴史を動かした女たち』『歴史を動かした男たち』(中公文庫)、 『江戸の旅人』(集英社文庫)、『名山の日本史』『名山の文化史』『名山の民族史』 『江戸の食彩 春夏秋冬』(河出書房新社)など多数。日本ペンクラブ副会長、 日本文藝家協会理事。



『古代編』全10回

『江戸と江戸っ子編』全8回

『源平時代編』全8回

『鎌倉時代編』全6回

『太平記と南北朝時代編』全6回

『南北朝争乱期から室町時代へ編』全7回

『室町時代から戦国時代へ編 I 』全7回

『室町時代から戦国時代へⅡ東山文化と民衆文化編』全8回

『戦国時代を再検討する』全12回

『戦国の合戦』全11回


 江戸時代を再検討する Ⅰ ①


家康、征夷大将軍となる

 慶長5年(1600年)、天下分け目の関ヶ原合戦に大勝した徳川家康は、いよいよ天下人への道を歩み始めます。もはや家康に対抗できる勢力はいません。とはいえ、大坂城には、秀頼を頂天に頂く豊臣政権が、厳然として続いていました。関ヶ原の戦いは、その政権下における五大老筆頭の家康と、五奉行筆頭の石田三成による主導権争いでもあったのです。
 三成は、あくまでも豊臣政権を維持しようと考えていました。しかし家康は、形の上では豊臣政権を立てていますが、実質的には、いよいよ徳川の時代が始まった、と考えていたに違いありません。
 家康は慶長6年の1月、東海道への伝馬(てんま)制度を整備します。京と江戸を結ぶ重要な街道を、徳川氏の管理下に押さえたということです。また、徳川氏の譜代の家臣たちを、次々に関東や東海の大名に封じます。そして3月、家康は大坂城を出て、京都伏見の自らの城に移るのです。同時に、関東地方を検地します。自らの覇権の地を、京・大坂から距離を置いた関東の江戸にしようと考えていたからに他なりません。この年の10月、家康は江戸に帰っています。
 しかし、翌年1月には再び伏見に戻ります。島津氏の薩摩・大隅・日向の所領を安堵し、朝廷に赴いたり、二条城と伏見城を修復したりします。6月には交趾(コーチまたはコーシ=現在のベトナム北部)の船が備前にやって来て、家康に孔雀・象・虎などを贈っています。佐竹氏を水戸から秋田へ転封したのも、この年のことです。またこの年に、中山道にも伝馬制を設けています。さらにこの年、佐渡や石見(いわみ)の鉱山から、多量の金銀が採掘されました。それらもまた、徳川氏の財政を支えたことはいうまでもありません。
 さて、慶長8年1月1日、家康は62歳の新春を迎えます。そして1月21日、家康のもとに、勅使の権大納言広橋兼勝が訪れました。家康を征夷大将軍に補任(ぶにん)するという内旨を伝えに来たのです。家康は使者に、黄金三枚と小袖ひとかさねを贈っています。それから3週間後の2月12日、家康は後陽成(ごようぜい)天皇の勅使である参議勧修寺光豊(かじゅうじみつとよ)から、将軍宣下(せんげ)を受けました。その内容は、右大臣・征夷大将軍・源氏長者・淳和奬学(じゅんなしょうがく)両院別当に任じ、牛車(ぎっしゃ)・兵仗(へいじょう)をゆるすというものでした。これほど多くの宣旨を同時にもらったのは、史上徳川家康だけです。
 「鹿苑日録」(ろくおんにちろく=京都鹿苑院の僧の日記で、戦国史の重要史料)によれば、その日は早朝から雨でしたが、午前8時ごろには晴れたということです。日録は、内府(家康)が将軍宣下を受ける日なので、天も雨天を晴天にしたのであろう、と記します。
 そして3月21日、家康は衣冠束帯(いかんそくたい)姿で参内(さんだい)し、将軍拝賀の礼を行なったのでした。また3月27日には、勅使を迎えて将軍宣下の賀儀が行なわれました。こうして家康は江戸に幕府を開き、以後265年間続く、徳川15代将軍の初代となったのです。


Copyright (c) Culture Pro.

このページの先頭へ