サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ
ホーム 会社案内 業務内容 採用情報 リンク 編集雑記

会社案内

会社案内
会社概要
会社沿革
ホーム > 会社案内

ごあいさつ


  

100年後,人がこの時代を振り返ったとき,どういう時代として位置づけられているのだろうと思うことがあります。

ここ数年,教育界をとりまく世界だけを振り返ってみても,コロナ禍によるICTの急速な普及や入試改革など,大きな変化が訪れています。当然,教材の中身も変わっていきます。
企業もよく進化論に例えられて,変化に順応できたものだけが生き残れると,半ば慣用句的に言われます。実際に人類が生きながらえてきた要因の一つに,並外れた適応力ということがあるのでしょう。

しかしながら,変化にあらがう意識をもてることが人の特徴だということもできます。
1976年に創業し,創業者である初代社長須藤靖夫が歩んできた道は,そのまま「編集プロダクション」という業態自体の黎明期でもありました。2017年には清水千穂が2代目の社長となり,私で3代目となります。

50年近い歴史の中,変化していく社会の中で変わらないものが,「誠実さ」という当社が築いてきた伝統です。
今まで当社とお仕事していただいた方々は,きっと当社の担当者の顔や名前を「誠実さ」という言葉と共に浮かべていただけるのではないでしょうか。

何をもって「誠実」とするかは人によっても場面によっても異なることでしょう。ただ,「意地」に裏打ちされる「誠実さ」というものもあるのではないかと私は思っています。社員ひとりひとりが自分の頭で考え,悩みながら,「教材の編集プロダクション」としての「プロ意識」をもって仕事をしているという「意地」「矜持」が当社の「誠実さ」を生み出しているのだと考えています。
そして,各自の「意地」に基づいて誠実に仕事をすること,つまり,「誠実なモノづくり」が教材の編集プロダクションとしての当社のアイデンティティでもあるのです。

創業者はよく申していました。人が100年生きるのはまれだけれど,法人は上手に育てれば100年でも200年でも生きていくものだと。企業は社会から求められなければ存続できません。そのためにはもちろん,変化していく社会に対応していくことが必要です。とはいえ,表層的に変化を追い求めるだけではつまらない。「誠実なモノづくり」というアイデンティティを核に据え,考え悩みながら皆様と共に進み,よりよいアウトプットを目指す,これからもそうした会社であり続けられるようにすることが私の務めだと考えています。100年後の世界の人からもそう評価されるように。

2021年11月1日 代表取締役社長 塩川政春

カルチャープロの目標・戦略・特徴について
会社概要 会社沿革
このページの先頭
株式会社カルチャー・プロ